忍者ブログ
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』。東急リバブル東急不動産は、消費者と折り合っていく常識的な道筋をとりませんでした。それ故に東急不動産だまし売り裁判が起きました。東急不動産だまし売りの時代は終わりました。The time for TOKYU Land Corporation Fraud is over. 東急不動産だまし売りを正当化することは、恥ずかしい行為です。
 1  2  3  4  5  6  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』の読書メーター「この本を読んだ人はこんな本も読んでいます」欄に太宰治『桜桃』が登場した(2011年12月9日確認)。『東急不動産だまし売り裁判』は東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた消費者の裁判闘争を描くノンフィクションである。
これに対して『桜桃』は短編小説でジャンルは相違するが、事実に基づいた作品である。共に話が淡々と進行するために読みやすい。『東急不動産だまし売り裁判』はマンションだまし売りを正当化する悪徳不動産業者の虚勢を生々しく描き、『桜桃』は「子供よりも親が大事」と呟く父親の虚勢を直視する。
http://hayariki.web.wox.cc/
News - 林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://hayariki.wetpaint.com/news/
林田力オカルト、怪談、幽霊、ミステリー
http://hayariki.or-hell.com/
PR
東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件を描いたノンフィクションの林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社)の関連本に坂口有吉『悪徳不動産屋の独り言 街の不動産屋は日々こんなことを考えている』(五月書房)が登場した。セブンネットショッピングの「この商品を見た方は、こちらの商品も見ています」欄で2011年11月26日に確認した。
『東急不動産だまし売り裁判』は不利益事実を隠してマンションをだまし売りする悪徳不動産業者が登場する。一方の不動産業界では貧困ビジネスのゼロゼロ物件や追い出し屋という悪質度の高い業者も登場しており、悪徳不動産業者の問題は深刻さを増している。
他には以下の書籍が挙がっている。
不動産・建築行政法規研究会『最新建築基準法の基本と仕組みがよ~くわかる本 図解でカンタン、わかりやすい建築基準法』秀和システム
阿部俊之、吉田厚彦『タイ不動産投資完全マニュアル』パンローリング
麻原控訴審弁護人『獄中で見た麻原彰晃』インパクト出版会
石原慎太郎研究会『石原慎太郎猛語録』現代書館
倉橋隆行『不動産投資、成功の方程式』朝日新聞出版
桐生幸之介、米田淳著、大阪府不動産コンサルティング協会監修『不動産の信託 不動産業者必携 不動産のプロが信託に挑む!』住宅新報社
鎌野邦樹『不動産の法律知識』日本経済新聞出版社
https://www.amazon.co.jp/gp/pdp/profile/A4AUUQ84Q18KF
東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った : 林田力/著
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102708949/
林田力:東急不動産係長が顧客に脅迫電話で逮捕、犯罪者に
http://hayariki.x10.mx/
山岡俊介『福島第一原発潜入記 高濃度汚染現場と作業員の真実』双葉社、2011年
武富士の不正を暴き、武井会長(当時)を塀の中へと追いやったフリージャーナリストが、事故収束に向け不断の作業が続く福島第一原発に作業員に潜入。そこで見た驚くべき光景とは?現役の作業員にも精力的に取材。彼らの赤裸々な思いを綴ったインタビューも収録。
https://sites.google.com/site/makuraishi/hayariki

小出裕章『子どもたちに伝えたい――原発が許されない理由』東邦出版、2011年
◆第1章 原発の誕生と現実 恐ろしい“破壊兵器”
 石油はあとどれくらい残っているのか
 エネルギー源は化石燃料だけで数百年もつ!?
 自然界には存在しない危険な物質プルトニウム
 高速増殖原子炉『もんじゅ』の非現実性
 1兆円の無駄使いの責任をだれもとらない国
 本当の目的は、原発ではなく核兵器の製造!?  ほか

◆第2章 それでも原発をやめない理由 大人たちの様々な思惑
 原子力発電と火力発電の構造は同じ
 責任のない子どもたちをだれが守るのか?
 数百万年かけても消滅しない毒性
 放射性廃物を貧しい地方や国に押しつける
 なぜ原発は都市部には造れなかったのか?
 日本の原発は『地震の巣』の上に建っている
 電力量は水力・火力だけで足りる
 実は費用が高い原子力発電
 原発を建てれば建てるほど電力会社は儲かる ほか

◆第3章 人間の力では対応できない原発 事故の実際とその後の悲劇
 公開されなかった被曝量の試算結果
 放射線管理区域に匹敵する汚染
 法律を無視して汚染地域を放置した政府
 避難生活か被曝か、どちらかしか選べない
 年間1ミリシーベルトの被曝の危険性とは?
 国に見捨てられた私たち日本人
 放射線量に「これ以下は安全」は、あり得ない
 国が決めた被曝量の上限など信じてはいけない ほか

◆第4章 いま、私たちがすべきこと 安全な未来へ向けて
 校庭の土を剥ぎとるだけでも被曝は防げる
 汚染された食べ物を大人が引きうけるルールを
 エネルギーの大量消費は産業革命から始まった
 いまこそ、人間の立ち位置を見つめなおそう ほか
http://hayariki.han-be.com/

はじめに/山田國廣
福島原発同時多発事故から何がわかったか/広瀬隆
福島原発で何が起こったか――原因と意味/井野博満
福島原発で何が起こったか――原発設計技術者の視点/後藤政志
東電・保安院などの事故対応の問題点/ 黒田光太郎
福島第一原発事故による放射線の健康影 響/崎山比早子
福島第一原発事故による海洋汚染/福本 敬夫
原発事故による土壌汚染を考える――福島原発事故の原因と影響の総合的解明の試み/山田國廣
飯舘村の放射能汚染調査に参加して――足尾-水俣-福島:日本の公害の歴史から見えてくる もの/菅井益郎
原発廃炉の経済学――危険な低炭素言説の歴史的起源からから の考察/室田武
上関原発の工事中止の行方/三輪大介
パネルディスカッション原発廃炉に向けて/
井野博満・黒田光太郎・後藤政志・菅井益郎・福本敬夫
三輪大介・室田武・山田國廣・和田喜彦
付表1 日本の原子力年表/和田喜彦
付表2 日本の原子力発電所一覧/和田喜彦
http://www.hayariki.net/poor.html
世界的人気のファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズの完結編となる第7作のタイトルは「ハリー・ポッター・アンド・ザ・デスリー・ハロウズHarry Potter and the Deathly Hallows」(ハリー・ポッターと死の聖人)に決まった。出版元のブルームズベリー社がウェブサイトで明らかにした。

第6作までは全世界で計3億部も売り上げ、63言語に翻訳されている。作者のJ・K・ローリングは、英国で最も収入の多い女性になった。シリーズを原作とした映画もヒットを重ね、第5作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」は来年の公開に向け、撮影中だ。ローリングは自身のウェブサイトで、ハリー・ポッターが完結編で殺害される可能性のあることをほのめかしている(「ハリポタ完結編は「死の聖人」」時事通信2006年12月22日)。http://hayariki.jakou.com/futako/100428rise.html
 

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
枕石堂
HP:
性別:
男性
職業:
オンライン書店
趣味:
読書
自己紹介:
枕石堂は書籍の売れ行きに対するインターネットの影響力の強さに注目しています。ブロガーやネチズンと協同して良書を広めて行きたいと考えております。
バーコード
ブログ内検索
P R
Designed by.Rinmaru
忍者ブログ [PR]