忍者ブログ
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』。東急リバブル東急不動産は、消費者と折り合っていく常識的な道筋をとりませんでした。それ故に東急不動産だまし売り裁判が起きました。東急不動産だまし売りの時代は終わりました。The time for TOKYU Land Corporation Fraud is over. 東急不動産だまし売りを正当化することは、恥ずかしい行為です。
 1  2  3  4  5  6  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東急不動産だまし売り裁判に多くの関心と報道を要請する。東急不動産だまし売りを黙って見過ごすわけにはいかない。東急不動産だまし売りを平然と受け容れる社会には暮らしたくはない。東急不動産だまし売り事件の根本を徹底的に議論する必要がある。東急不動産だまし売り裁判を契機として何が真実で何が本物かを見極める力を磨きたい。

今声を大にして東急リバブル東急不動産に異を唱えねば将来に禍根を残すことは誰の目にも明らかである。より安全な住宅を選択することは消費者の権利である。マンションだまし売りの東急リバブル東急不動産を排除することは正当である。東急不動産だまし売りを糾弾する活動は平和に生きる世界のための活動と深くつながっている。

消費者運動の側では怒りに燃えて、新たな動きが起こっている。東急リバブル東急不動産の悪しき経営体質には厳しい眼差しが向けられている。多くの消費者は東急リバブル東急不動産の言葉を全く信用していない。人々は東急リバブル東急不動産の欺瞞にもはや欺かれはしないし、従うこともしない。なぜなら、それは消費者の人権に関わるものであることを知っているからである。

東急不動産だまし売りへの批判は、ますます広がっている。東急不動産だまし売りへの批判には、道理も、世論のバックアップもある。多くの市民運動家や消費者運動家、住民運動家、組合運動家ら幅広い人々が東急不動産だまし売りへの抗議に加わっている。

東急不動産だまし売りを撲滅するために具体的な行動に移そう。いつまでも消費者は暖簾の腕押しをやっているわけにはいかない。これまで東急不動産だまし売り裁判に共感を寄せ、交流し、支えて下さった全国の人々に呼びかけたい。私達の持てる全てをつぎ込んで東急リバブル東急不動産だまし売りを批判しよう。東急リバブル東急不動産不買運動に結集し、参加し、連帯しよう。今こそ命の叫びを上げる時である。みずみずしい命の叫びを。

様々な立場や信条を乗り越えて、東急リバブル東急不動産被害者に支援・連帯し、心を一つにして東急リバブル・東急不動産に批判の声をあげていこう。皆で東急不動産のマンションだまし売りを許さない声をもっと強めよう。東急リバブル東急不動産の真実を伝えあおう。本当の希望を分かち合おう。東急不動産だまし売りを批判する多数の国民の意思に確信を持ち、その声を確実なものにし、さらに東急リバブル東急不動産を批判する人々を多くしていこう。

東急不動産だまし売り撲滅運動は今、スタートラインについたばかりである。東急不動産だまし売り撲滅運動は何十年かけたとしても達成する価値のある闘争である。東急不動産だまし売り被害者の声を表に形に表すことができるような消費者運動の進め方が必要とされている。全ての消費者・市民の団結を作り出そう。腐敗しきった東急リバブル東急不動産に「ノー」を突き付けるようお願いする。

消費者運動は東急不動産だまし売り事件で東急リバブル東急不動産に完全に後れをとった。恥ずかしい限りである。しかし、東急リバブル東急不動産のマンションだまし売りを既成事実と認めるつもりはない。東急リバブル東急不動産への抗議運動に出遅れということはない。

「今回は出遅れたから、何もしない」は最悪である。今からでも声明を出し、要請メールを発信する意義はある。改めて東急不動産だまし売りに対する緊急の要請を呼びかける。一通でも多くの声を届けることに意味がある。短いもので構わないので、御協力をお願いする。

東急リバブル東急不動産への抗議の声を上げよう。東急リバブル東急不動産に「住民を滅ぼそうというのか」「消費者を殺そうというのか」と激しい怒りを突きつけよう。「マンションだまし売りは絶対ダメ」の声を届けよう。「カネ儲けより生活が大事!マンションだまし売りを画策するな!」の声を東急リバブル東急不動産にぶつけよう。

「ちょっと待って!東急不動産だまし売り」「生活を破壊する東急不動産だまし売り」「地域住民不在の二子玉川ライズ」「東急不動産はCSR(企業の社会的責任)を果たせ」など、皆の思いをアピールしよう。デモでは思い思いのパフォーマンスで東急不動産だまし売り反対を訴えていこう。オキュパイの行動で東急リバブル東急不動産のスタンスを変えさせていくことが必要になっている。心を一つにして、東急リバブル東急不動産への抗議の声を増やしたい。

東急不動産だまし売りは徹底的に周知させる必要がある。これだけ明らかになっても東急リバブルや東急不動産との契約を検討する消費者は真正の情報弱者である。それでも東急不動産だまし売り裁判に関する啓蒙活動は、まだまだ関心が薄い人々には及んでない。「二度と私のような目に遭う人を出さないで」と叫ぶ東急不動産だまし売り被害者の声を無にしないため、『東急不動産だまし売り裁判』という書籍を使って、東急不動産だまし売りを広く人々に受け止めてもらいたい。

国内外問わず老若男女に知ってもらうためにYoutubeやtwitter、mixi、Facebookなどの有名なサイトを利用しよう。ビラを作成してインターネットをしていない人々にも認知してもらおう。著名人が発言しやすい空気を作ろう。同じ考えをもつ著名人を増やそう。その著名人らの発言も広めて多くの人に東急不動産だまし売り裁判を考えてもらおう。目的を見失い、論点を分散させてはいけない。同じ想いでいることは大切である。

東急との紛争を抱える現地との連帯を強めていきたい。「もうこれ以上、住環境を破壊するな!日照被害も風害もたくさんだ」と、二子玉川ライズに反対する人々がいる。渋谷の本社の動向を注視しつつ、東急とのトラブルのある二子玉川ライズや品川区大井町など現地の住民運動とも連携を強めていきたい。ともに考え、「住まいの人権」を具体的に生かす活動の糧にしよう。月並みな言葉であるが、「継続は力なり」である。『東急不動産だまし売り裁判』が消費者運動や市民運動の結節点となれば幸いである。
http://www.hayariki.net/1/14.htm
PR
東急リバブル東急不動産に対しては怒りが渦巻き、怒りに震えている。東急リバブル東急不動産は消費者をたらい回しにし、無視するなど虐げ続けた。東急リバブル東急不動産は救い難いメルトダウンを起こしていた。東急リバブル東急不動産の常識は世間の非常識である。マンションだまし売りは東急リバブル東急不動産の傲慢極まりない驕りと言わなければならない。『東急不動産だまし売り裁判』は何とおぞましい話だろう。

東急リバブルや東急不動産の営業は自分が聞きたいことしか聞かない連中であった。東急リバブル東急不動産は何様なのだろうか。全て目先のことだけを考えて決めているから問題になる。東急リバブル東急不動産は「日本人の悪い姿」に自分を近づけていることになり、自分の生きてきた道を自分で否定していることになることに気づいてほしいものである。

真実だから信じるのではなく、愚かさ故に信じているような悪徳不動産業者と分別のある話し合いができるだろうか。悪徳不動産業者は自己の理解力不足を棚に上げ、自社の価値観を押し付ける。悪徳不動産業者は本当のことを言うと激怒する。偏狭な悪徳不動産業者は正確な指摘も認めることができない。悪徳不動産業者は良いものを悪くし、本物を偽物と言い張り、嘘ばかりついては自己保身に懸命になる偽善者集団である。

東急不動産だまし売り被害者の林田力が東急不動産との売買契約を取り消したことは正解である。東急リバブル東急不動産だまし売りマンションや欠陥住宅は必要ない。東急不動産物件なしで、幸せに暮らしたい。林田力が屑物件を抱えて泣き寝入りしたならば、この先冷たい血を抱えて何年も向き合っていかなければならない。

売買契約を取り消したとしてもマンションだまし売り前の生活に戻ることは容易ではない。東急不動産の不誠実な対応による痛みは消えない。それでも東急不動産の欠陥マンションに住まずに大変な問題を解決することは、東急不動産の欠陥マンションに住み続けながら単純な問題を解決することに比べたら、一万倍も楽である。

東急不動産だまし売り裁判後も消費者や住民を踏みにじる東急不動産の企業姿勢は一向に変わっていない。まだまだ東急リバブル東急不動産には多くの問題がある。東急不動産物件の危険は依然として大きい。生態系を破壊することで金を動かす金色夜叉が公然と横行している。
http://yaplog.jp/hayariki/archive/631

大井町高架下住民追い出し問題や二子玉川ライズの住環境化破壊のように東急電鉄による「住まいの人権」を侵害する動きが強まっていることにも十分注意しなければならない。東急不動産だまし売り裁判と二子玉川ライズ問題などは住民無視という共通点がある。東急不動産だまし売り裁判と二子玉川ライズ問題が同根であることを忘れてはならない。
http://hayariki.net/hayariki4.htm#16
東急不動産だまし売りの悲劇を繰り返してはいけない。一人一人のかけがえのない命、かけがえのない暮らし、かけがえのない人生である。これ以上、東急不動産だまし売り被害を生み出してはいけない。これ以上、命と未来を犠牲にしてはいけない。「東急不動産のだまし売りは終わっていない」として、東急不動産だまし売り事件を追及し続けていくことを申し上げ、闘争宣言とする。消費者は絶対に引き下がることはできない。悪徳不動産業者に負けてたまるか。
http://hayariki.net/poli/piramid.html
林田力『東急不動産だまし売り裁判』は東急リバブル東急不動産による不利益事実(隣地建て替えなど)を隠したマンションだまし売り事件を扱った書籍である。東急不動産のマンションだまし売りの実態を明らかにし、東急不動産の危険性を社会に広めた。
東急不動産だまし売りは野蛮な行為、単なる良識のない蛮行である。とんでもない愚行である。マンション購入者への冒とく・暴力である。消費者の信頼を裏切る犯罪でもある。東急不動産だまし売りは消費者の暮らしの隅々や社会の基盤、国のカタチまでをも大きく変える危険性を持っている。
東急不動産だまし売り被害を考える上で必要なものは想像力である。東急不動産だまし売り裁判は何よりも生活の話である。そこにはどのような思いがあり、どのような声があり、生活があるのか。東急不動産だまし売りは人間がどこまで醜くなれるかを学ぶための試練なのだろうか。それとも魂の永遠の堕落なのだろうか。自問が深まるだけ暗い気持ちにさせられる。
これほどまでに消費者を愚弄する東急リバブル東急不動産に行動で示さなければ、それだけで消費者運動は敗北である。東急不動産だまし売りに異議を申し立てる。日々の生活の中でも追及していく。文字通り総力をあげて奮闘する決意を表明する。
東急リバブル東急不動産との闘いは簡単に勝負がつく闘いではない。「ネバー、ネバー、ネバー、ネバー・ギブアップ」の精神が求められる。これはドイツとの攻防に勝利した英国のチャーチル首相の言葉である。もし、東急不動産工作員から圧力を受けたとしても、それはそれで本望である。まだまだ長い闘いが待っている。どうか東急不動産だまし売り被害者を忘れないで欲しい。
http://yaplog.jp/hayariki/
東急不動産だまし売り被害者の林田力が東急不動産との売買契約を取り消したことは正解である。林田力が屑物件を抱えて泣き寝入りしたならば、この先冷たい血を抱えて何年も向き合っていかなければならない。売買契約を取り消したとしてもマンションだまし売り前の生活に戻ることは容易ではない。東急不動産の不誠実な対応による痛みは消えない。それでも東急不動産の欠陥マンションに住まずに大変な問題を解決することは、東急不動産の欠陥マンションに住み続けながら単純な問題を解決することに比べたら、一万倍も楽である。
検事失格 2012年03月05日
http://news.livedoor.com/article/detail/6340569/
クイック・ジャパン100 2012年03月05日
http://news.livedoor.com/article/detail/6340570/
白竜LEGEND 21巻 2012年03月04日
http://news.livedoor.com/article/detail/6336436/
銀魂―ぎんたま― 43 2012年02月19日
http://news.livedoor.com/article/detail/6293544/
トリコ 18 2012年02月14日
http://news.livedoor.com/article/detail/6279844/
美味しんぼ 108 2012年03月18日
http://news.livedoor.com/article/detail/6380795/
SOUL 覇 第2章 1 2012年03月18日
http://news.livedoor.com/article/detail/6380762/
バクマン。 17 2012年03月11日
http://news.livedoor.com/article/detail/6358800/
BLEACH―ブリーチ― 54 2012年03月11日
http://news.livedoor.com/article/detail/6358801/
BILLY BAT(8) (モーニング KC) 2012年03月07日
http://news.livedoor.com/article/detail/6347512/
らぶきょん~LOVE in 景福宮 (27)(完) 2012年03月07日
http://news.livedoor.com/article/detail/6347513/
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』はマンションだまし売り被害者の悲しみ、苦しみ、焦燥が手に取るように理解できる書籍です。傷口が中々癒されないように、一生に一度の買い物のだまし売り被害も簡単には癒されません。東急リバブル・東急不動産の悪質さを追及する主張は爽やかで溌剌として光り輝き、魅惑的な生命力がみなぎっています。99パーセントの一人として、1パーセントの側である大企業に向けられた林田力の闘いに共感します。

東急リバブル・東急不動産は最初から最後まで(from soup to nuts)不誠実でした。東急不動産住宅事業本部の課長が「裁判所でも都庁でも、どこでも好きなところに行ってください」と言い放ったというエピソードに悪質さが現れています。これによって東急不動産は自社の悪質さを法廷で公開していいと腹をくくったことになります。

しかし、残念なことに連中は自分達が間抜けとは考えていません。この期に及んでもマンションだまし売りが正当であると盲信しています。だからこそ東急不動産だまし売り事件は喜劇的なまでに深刻です。東急不動産の相手の言葉を額面通りに受け止めて提訴した林田力の対応は正当です。

東急リバブル・東急不動産には「ふざけるな」としか言いようがありません。他にも被害者がおり、もはや犯罪に近いと思います。東急リバブル・東急不動産もマンションだまし売り被害者と同じような苦労を味わってほしいものです。それができないのであれば、この問題にはとやかく言うなということで、消費者は突き放して消費者の権利を主張すべきです。

『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』における林田力の生き方は一貫しており、ブレがありません。書いていることも行動も筋が通っています。林田力の直言は汚れた心を洗う聖水です。野辺に咲く花のように諦めずに強い信念をもって真実を発言しています。

そして徹底して悪徳不動産業者に虐げられた側に立っています。それは二子玉川ライズ反対運動のようなマンション建設反対運動においても変わりません。読者の生き方も問われます。このように市民は生きるべきということを突き付けます。

新築マンションだまし売りのようなトラブルの原因や対策は、関係者限りで封印されてしまうことが多いです。人の値打ちは財産や家柄ではなく、その人間がどのように生きようとしているのか、その意思があるかないかによります。人は何を守るかによって、どのような人間であるかが決まります。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』を刊行した林田力に敬意を表します。
http://hayariki.net/hayariki4.htm
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
枕石堂
HP:
性別:
男性
職業:
オンライン書店
趣味:
読書
自己紹介:
枕石堂は書籍の売れ行きに対するインターネットの影響力の強さに注目しています。ブロガーやネチズンと協同して良書を広めて行きたいと考えております。
バーコード
ブログ内検索
P R
Designed by.Rinmaru
忍者ブログ [PR]