忍者ブログ
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』。東急リバブル東急不動産は、消費者と折り合っていく常識的な道筋をとりませんでした。それ故に東急不動産だまし売り裁判が起きました。東急不動産だまし売りの時代は終わりました。The time for TOKYU Land Corporation Fraud is over. 東急不動産だまし売りを正当化することは、恥ずかしい行為です。
 1  2  3  4  5  6  
東急不動産だまし売り裁判を契機としてインターネット上では東急リバブル東急不動産の批判が急増し、炎上と報道された(「ウェブ炎上、<発言>する消費者の脅威-「モノ言う消費者」に怯える企業」週刊ダイヤモンド2007年11月17日号39頁)。東急リバブル東急不動産へのネット上の批判は同業他社と比べてズバ抜けて多いとする。「営業マンの対応が高慢」「頼みもしないDMを送りつけてくる」といった批判的な書き込みで溢れ返っているとする。

東急不動産だまし売り裁判は東急不動産(販売代理:東急リバブル)が隣地建て替え等の不利益事実を告げずにアルス東陽町301号室を騙し売りした事件である。この裁判を契機として「自分もこのような目に遭った」と訴訟の枠を越えて批判が起きた。

炎上期間は長くても1カ月とするが、東急リバブル東急不動産に対する炎上は週刊ダイヤモンドの記事によると既に3年近く続いていることになる。これは東急リバブル東急不動産への批判が一過性のものではなく、東急リバブル東急不動産の悪質さを物語っている。

東急リバブル東急不動産の炎上を報じた週刊ダイヤモンドの記事はブロガーの間でも反響を呼んだ。「ブランズシティ守谷ハッピー守谷~高層新築分譲マンション問題~」では一般の炎上が一ヶ月程度で鎮静化するのに対し、東急リバブル東急不動産の炎上は東急不動産消費者契約法違反訴訟提訴後、3年近く経過した後の現在も続いている点に注目する。

「(仮称)グランシーナ清瀬南【JFE・長谷工マンション】問題研究会」では炎上が「企業のブランド価値を失墜させることにもなりかねない」という箇所を引用し、景観破壊マンションの建設を強行する不動産業者に当てはめる。

東急不動産だまし売り裁判はヒステリシスである。これはある時点で起きたことが、その後も長く影響を及ぼし続けることを指す。ギリシア語の「後からくるもの」に由来し、元々は過去に加わった力に依存している状態を指す物理用語である。東急不動産だまし売り裁判を経緯として東急リバブル東急不動産への批判はネットで激増した。東急不動産だまし売り裁判は消費者運動の転換点であった。東急不動産だまし売り裁判後の消費者は無抵抗な存在でも無力な存在でもなくなった。

東急不動産だまし売りを放置すると、ダメなものはダメという世の中の基準が曖昧になってしまう。東急リバブル東急不動産に対して99%の要求を突きつけていく。消費者運動には「ここで闘わなくてどうするのか」が突きつけられている。「二子玉川ライズ反対」「東急不動産だまし売り反対」などのコールを続けよう。東急不動産だまし売り被害写真を展示しよう。
http://hayariki.net/1/6.htm
東急不動産工作員が暗躍しているが、東急不動産だまし売り被害者の人権を蹂躙し、東急不動産だまし売りの真実を偽造する自由はない。東急不動産だまし売りの事実を皆様と一緒に考え、東急不動産だまし売り裁判検証委員会設置に向けた行動を呼びかる。東急不動産だまし売り被害者達が共に語り合う場を準備する。東急が何としても居住の権利侵害を続けるならば、何としても東急リバブル東急不動産不買運動を叩きつけよう。
PR
東急不動産だまし売り裁判で東京地裁は平成18年8月30日に東急不動産の消費者契約法違反(不利益事実不告知)を認定し、売買代金の全額返還を命じる判決を言い渡した。判決は東急不動産(販売代理:東急リバブル)が東京都江東区の新築分譲マンション販売時に利益となる事実(日照・眺望良好など)を告げたが、不利益となる事実(マンション建設後に隣地が建て替えられて住環境が悪化する)を告げなかったと認定した。

消費者契約法違反により不動産売買契約取り消しのリーディングケースとなった東急不動産だまし売り裁判は不動産業界関係者に驚きをもって受け止められた。東急リバブル東急不動産の根本的な問題を指摘する声もある。ある業界関係者は「そもそも東急不動産の新築分譲マンションは、消費者のニーズと乖離がありすぎた」と指摘する。東急不動産からの購入そのものに失敗の要因が潜んでいたという見方である。

東急不動産だまし売り裁判の東京地裁判決を「妥当」と考える人は89%で、「妥当でない」の5%を大きく上回った。アンケートサイト上で実施したアンケートの結果である。東急不動産だまし売り裁判が不動産業界に与える影響を考える上で貴重なご意見を頂戴した。協力していただいた方々に、この場を借りて御礼を申し上げる。

調査ではまず、「東急不動産に消費者契約法違反があった」として売買代金全額返還を命じた東急不動産だまし売り裁判の判決について、妥当と考えるかを選択式で質問した。回答者の属性を消費者、不動産業界関係者で分類した。

消費者に属する回答者は、95%が判決を「妥当」と答えた。一方、不動産業界に属する回答者でも59%が「妥当」と答え、「妥当でない」と答えた27%を上回った。今回の判決は不動産業者には厳しい結果だったが、それでも裁判所の判断を支持する不動産プロフェッショナルが多数派であることが理解できる。東急リバブル東急不動産のような不誠実な業者は業界イメージを悪化させ、まともな業者にとってもマイナスになる。

次に、「今回の裁判からどのような教訓を得るべきか」を聞いた自由回答に寄せられた意見を紹介する。掲載にあたっては、表現などを一部編集している。東急不動産だまし売り裁判の原因を考察する回答も寄せられた。不都合な事実を隠す東急リバブル東急不動産への怒りの声も寄せられた。

「東急リバブル東急不動産は、不利益事実を包み隠さずに説明すべき。不利益事実の説明がなければ重要事項説明は意味がない。」

「現状の重要事項説明は東急リバブル東急不動産の自己満足に過ぎない。消費者が必要な情報は提供されない。消費者には居住してみなければ分からない不安がある。」

「東急リバブル東急不動産はマンションの欠点や制約をユーザー企業に伝えないことがある。不動産業界にも、金融界における金融商品取引法のような不動産業者に説明義務を課す法律が必要。」
http://www12.atpages.jp/~hayariki/haya/1/7.htm
東急不動産だまし売り裁判の一因とされる点が、消費者と不動産業者との間で対等なパートナー関係を築けず、適切なコミュニケーションが取れなかった点である。裁判でも東急リバブル東急不動産側の頻繁な担当者交代、たらい回し、居留守、虚偽の電話番号連絡などが明らかになった(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。自由意見でも消費者と東急リバブル東急不動産の間に横たわる深い溝を指摘する意見が目立った。
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社)は、私達にも投げかけるところの多い問題である。『東急不動産だまし売り裁判』は消費者契約法や宅地建物取引業法、耐震強度偽装事件、マンション管理、欠陥施工等の広範な消費者生活に関わる問題を扱う。

東急不動産消費者契約法違反訴訟の緊迫した描写や、マンションだまし売り被害者の悲しみが細かに伝えられた。「東急リバブル東急不動産は何と無慈悲で強欲な」と額に青筋がピキピキと浮かび、拳を握り締めたほどである。「涙なしでは読めなかった」という声もいくつも聞かれる。ここから、どれだけ先を読み取ることができるか。『東急不動産だまし売り裁判』は心から傾聴し向き合うべき呼びかけである。

東急不動産だまし売り被害の痛手から立ち上がり、東急リバブル東急不動産の問題を訴える林田力の物語は、どの時代に、どのような仕事に就いた人間にも共感できるものである。林田力はマンション建設反対運動への関わりを通じて新しい生き方を模索する。傷心を癒す一人旅への沈潜を経て、二子玉川ライズ反対運動に合流していく。

これまでに、その期間を言うのが恥ずかしいほどの長い間、東急リバブル・東急不動産・東急電鉄ら東急グループのトラブルを観察し続けてきた。この間には色々なトラブルがあった。最近「これは本当にだめなのではないか」と思うようになってきた。

東急不動産だまし売りは人の尊厳を傷つける悪意に満ちている。東急不動産だまし売りのもたらしたものは残虐な破壊、人権蹂躙と自由の剥奪、暴力と貧困と絶望であった。それは犯罪以外のなにものでもなかった。

東急リバブル東急不動産は売ったら売りっぱなしの世界である。東急リバブル東急不動産は自社に都合の悪い事実を隠し続けてきた。何もかも隠している。情報隠ぺいが東急不動産だまし売り被害の解明を遅らせた。『東急不動産だまし売り裁判』において東急不動産の連中は滑稽な悪役である。立場の弱い賃借人に対してだけ意地悪く冷酷になる東急不動産とは一体何なのだろうか。

私達は東急不動産だまし売りの理不尽を、二子玉川ライズの風害など住環境破壊に怯える理不尽を、泣き寝入りを強いられる理不尽を、きっぱりと断る。東急大井町線高架下住民は家賃滞納もないのに東急電鉄から追い出し行為を受けている。東急電鉄は社会問題になっているゼロゼロ物件業者のような賃貸人である。東急リバブル・東急不動産・東急電鉄の問題は私達の目前で進行中である。

マンションだまし売りの撲滅のためには、まだまだ多くの課題がある。東急不動産だまし売り裁判の実態をしっかりと明らかにし、謝罪と責任を追及することがマンションだまし売りをストップさせることにつながる。東急不動産にマンションだまし売りという大罪を犯したことへの責任をとらせよう。

東急不動産だまし売りを放置することは日本を情けない国にすることである。悪徳不動産業者の詐欺的商法にも大人しく従う奴隷のような日本人体質には、やり場のない絶望感がある。しゃあしゃあとウソをつかれて怒り狂わない神経が理解できない。とんでもない話である。気分は悲しくて情けないが、うつ状態になってしまう。

東急不動産だまし売りに反対する動きは止まない。東急リバブル東急不動産への消費者の怒りは強まっている。広範な人々が東急リバブル東急不動産の問題点を指摘し批判している。多くの人々が東急不動産だまし売りを自らの問題と受け止めている。しかし、東急リバブル東急不動産の巻き返しも予測されるため、油断はできない。

消費者の不安を解消する一番の方法は、東急リバブル東急不動産の物件を不買することである。悪徳不動産業者は、だましの最初の入口では想像できないほどに良い人オーラを出すこともあるので注意を要する。東急不動産のマンションが、いかに粗末な住居であるかは『東急不動産だまし売り裁判』の事例一つからも明白である。

東急リバブル東急不動産不買運動を盛り上げて東急不動産だまし売りを潰そう。今が正念場である。ここで東急不買運動の声を上げなくていつあげるのか。今の数倍の東急不買運動の広がりをつくることが急務である。闘いには勝負所がある。ここでの攻防を闘い抜く。全国の心ある人々に訴える。是非、東急リバブル東急不動産不買運動に結集して下さい。応援支援に駆けつけて下さい。各地方で東急不買運動に携わっている方々に心から感謝する。

日本社会を変える存在は私達一人一人である。小さな声をたくさん寄せあうことで、東急不動産だまし売りの状況を変えていくことができる。東急不動産だまし売り被害者に寄り添い、その目で見、そして忘れず、ともに辛さを分かち合っていく。消費者感覚で、一人一人の東急不動産だまし売り被害者の不安・怒り・悲しみ・憤りなどをリアルに集約して活動する。

日本の市民運動が目指すべき方向は東急不動産だまし売りの撲滅である。東急不動産だまし売りに抗議する、全ての消費者・市民の団結を作り出そう。東急不動産だまし売り裁判の現実に目を向けながら、改めて住まいの貧困を問題提起し、マンションだまし売りのあらゆる動きを止めるために、共に行動していく。これからも皆様と力を合わせ、東急不動産だまし売りの撲滅を目指して歩み続ける。それぞれの希望の花を手に東急不動産だまし売り撲滅の決意の声を響かせよう。
http://www12.atpages.jp/~hayariki/haya/1/faqindex.htm
東急リバブル東急不動産からマンション購入を検討される方に後々後悔しないための転ばぬ先の杖として忠告申し上げる。東急不動産だまし売り裁判の資料を集めて解析中であるが、調べれば調べるほど、何とも胸が痛くなる情報ばかりが出てくる。東急リバブル東急不動産に酷い目に遭った、遭っている人は枚挙に暇がない。

東急不動産物件に居住すると後々痛い思いをすることになる。詐欺の多い世の中であるから、くれぐれも東急リバブル東急不動産にだまされないようにしなければならない。東急不動産だまし売りは、もう二度と起こしてはならない。東急不動産だまし売りがいかに悪質で、筋違いなことであるかを、一人でも多くの皆様にお伝え下さい。

東急不動産だまし売りを、国民は、市民は、人民は、断固許さない。東急リバブル東急不動産への反撃を開始しよう。全ての消費者・市民の団結を作り出そう。東急リバブル東急不動産不買運動の基本線は、多くの人々に受け入れられ、評価されている。『東急不動産だまし売り裁判』によって、東急リバブル東急不動産の問題性を知った人々が自ら学び、科学的な判断で運動を拡大している。沢山の方々が東急不動産だまし売り撲滅の思いを持って寄り添う場所としての東急リバブル東急不動産不買運動が、より民主的な合意の場として広く認知されることを強く望んでやまない。

東急リバブル東急不動産問題の動きが緊迫している。東急リバブル東急不動産は欠陥組織であり、今では解体を待つだけの存在である。このような企業に住まいを託すことは問題である。今こそ東急不動産だまし売り阻止のために、東急不動産だまし売り撲滅を願う人々が力を総結集して決起すべきである。ここからが大勝負である。東急不動産だまし売り撲滅を願う人々に「もっと行動を」と呼びかけたい。当面することで一番大事なことは、とにかく行動することである。消費者の権利よりも汚い金儲けの東急リバブル東急不動産を追及しよう。

全ての市民運動の関係者に訴える。運動の基盤は人民にある。人々の悩みや怒りと離れたところで活動すれば、その運動の存在理由が問われ、遅かれ早かれ、その運動は衰亡する。いかなる運動も、この法則を逃れることはできない。東急不動産だまし売り裁判についても、是非、その伝統ある力量を発揮し、御奮闘くださるよう、心からお願いする。
http://hayariki.net/1/19.htm
東急不動産だまし売り裁判や二子玉川ライズ反対運動など東急リバブル・東急不動産・東急電鉄の物件でトラブルが相次いでいる。東急不動産だまし売り裁判における東急不動産敗訴判決は記録に新しい。不利益事実不告知や欠陥施工、住環境破壊など東急物件を巡るトラブルが後を絶たない。身に覚えのある消費者や住民は少なくない。知られざるトラブルも水面下で頻発している。

社会倫理を麻痺させ、住民生活に多大な支障を与える東急リバブル東急不動産トラブル。ハイエナ資本主義の露骨な進展が東急リバブル東急不動産だまし売りを誘引する。東急不動産や東急電鉄の開発で住環境を破壊される危険性は高まる一方である。社会の無関心はもう許されない。

東急リバブル東急不動産には変化に対して後ろ向きの日本の組織の特徴が凝縮している。「井の中の蛙、大海を知らず」という諺の通り、ハイエナ資本主義に専念する東急リバブル東急不動産では中々業界外の世界を知る機会を得られない。しかし、一歩外に出ると、世界が開けると同時に、自分の仕事が客観的に見えてくる。それによって東急不動産だまし売りの異常さが浮かび上がる。

東急リバブル東急不動産マンションだまし売りは将来に禍根を残す問題である。東急リバブル東急不動産の始末が悪いところは、将来にツケを回すことである。不動産トラブルは問題が起きた直後は騒ぎになるが、事態が収束すると、原因究明がウヤムヤになってしまう傾向がある。同じ過ちが繰り返されないためにも徹底検証する必要がある。
http://hayariki.net/1/18.htm
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社)はリベラルアーツの教科書にもなる。リベラルアーツの元々の意味は「人間を自由にするための学問」である。『東急不動産だまし売り裁判』は東急リバブル東急不動産の卑劣なマンションだまし売りから消費者を自由にするための知恵がある。

現代ではリベラルアーツは幅広い教養という意味で使われる。『東急不動産だまし売り裁判』は消費者契約法違反訴訟が中心であるが、杜撰なマンション管理や欠陥施工、耐震強度偽装事件にも言及する。東急不動産のために働いた地上げ屋(近隣対策屋、東急不動産工作員)が暗躍し、住環境を破壊する高層マンション建築紛争と共通するマンション建設の闇にも触れている。

『東急不動産だまし売り裁判』には、希望と絶望の両方が等身大で描かれている。『東急不動産だまし売り裁判』はマンション購入とは何なのか、消費者に考える機会を提供する。そして、マンションだまし売り被害者が裁判に向けて具体的に何をすべきなのかを教えてくれる。『東急不動産だまし売り裁判』は、現代日本が直面している多くの問題に通じる教訓になる。

東急不動産だまし売りは犯罪である。東急不動産だまし売りは明らかに不法行為である。前代未聞の蛮行が行われた。東急リバブル東急不動産は馬鹿馬鹿しいようで、つくづく罪作りで不愉快な存在である。東急リバブル東急不動産の姿勢は、あまりにも無謀、消費者無視である。東急不動産は東急不動産だまし売り裁判で無責任さ、無能さの馬脚を露わした。東急リバブル東急不動産のせいで、マンションだまし売り被害者は本当に悔しい思いをした。心にぽっかり穴が開いてしまったような感じである。

東急リバブル東急不動産は被害者への誠意ある謝罪も果たせない、犯罪集団としか思われぬ面々である。東急リバブル東急不動産は利潤追求のみを目指す新自由主義・格差社会の代理人の走狗にすぎないという現実がある。この虚妄にして悪質な東急不動産だまし売りには消費者契約法に基づく売買契約の取り消しが有効な解決策である。消費者は安全な住居を求めている。東急不動産だまし売りマンションは不要である。
http://www.hayariki.net/1/16.htm
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
枕石堂
HP:
性別:
男性
職業:
オンライン書店
趣味:
読書
自己紹介:
枕石堂は書籍の売れ行きに対するインターネットの影響力の強さに注目しています。ブロガーやネチズンと協同して良書を広めて行きたいと考えております。
バーコード
ブログ内検索
P R
Designed by.Rinmaru
忍者ブログ [PR]