忍者ブログ
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』。東急リバブル東急不動産は、消費者と折り合っていく常識的な道筋をとりませんでした。それ故に東急不動産だまし売り裁判が起きました。東急不動産だまし売りの時代は終わりました。The time for TOKYU Land Corporation Fraud is over. 東急不動産だまし売りを正当化することは、恥ずかしい行為です。
 1  2  3  4  5  6  
林田球『ドロヘドロ』は退廃的で殺伐とした世界を描くダークファンタジー漫画である。2018年に完結した。林田球はアルファベットではHayashida Qと書く。著者は女性であるが、作風はステレオタイプな女性漫画家らしくない。都立芸術高等学校、東京藝術大学美術学部絵画科油絵専攻卒業。『ブラタモリ』で有名になった林田理沙アナウンサーも東京藝術大学卒業である。
主人公らのいる世界は「ホール」と呼ばれる。「魔法使いの世界」から来た魔法使いが襲ってきて人間を魔法の練習台にしている。荒廃した世界である。理不尽と混沌の世界である。魔法使いが登場するが、中世ヨーロッパ的なファンタジー世界とは大きく異なる。放射能汚染された近未来の世界のようなイメージである。
主人公カイマンは魔法使いによって頭部を爬虫類に変えられ、記憶を喪失した。カイマンの口の中には謎の男が存在している。何故か魔法が効かない属性を持ち、襲ってくる魔法使いを返り討ちにする。どのような経緯で、このような世界になっているのか。主人公達はどのような経緯で生きてきたのか説明されない。読者も理不尽と混沌の世界に叩き込まれた気分になる。謎ばかりの物語についていく読者は大変である。一方で本作品のテーマは自分が何者か探すことである。純文学とも重なる真っ当なテーマである。
ニカイドウはカイマンの友人で、一緒に魔法使いと戦う。荒廃した世界に似合わない美女である。序盤では魔法使いの練習台にさせられ、ギリギリのところでカイマンに救われる。戦闘では解説係タイプかと思ったが、その後で話では格闘能力の高さを示した。ニカイドウは食堂を営業している。あのような荒廃した世界で営業が成り立つか不思議である。
jimdo 埼玉県警巡査が死体検案名目で遺族から82万円詐取 熊谷6人殺害事件遺族が埼玉県警の情報不提供を提訴 埼玉県警機動隊員溺死の残酷さ 埼玉県警で個人情報不正取得 埼玉県警警部が捜査書類偽造 桶川女子大生ストーカー殺人事件
PR
松尾雅彦『スマート・テロワール 農村消滅論からの大転換』(学芸出版社、2014年)はカルビー元社長による日本の農業の提言である。スマート・テロワールは地域内で完結した自給圏を意味する。地域の農作物を地域の工場で加工し、新鮮なうちに地域の消費者に届ける。流通コストが抑えられ、味も価格も良いものが提供できると主張する。
私は脱中央集権化という方向性は全面的に支持する。全体最適で仕様を統一して生産性を上げて大量生産するという発想は昭和のものである。一方で今や意欲のある農家ほど地理的な枠組みを超えて、遠方の都市部の消費者や飲食店と直接取引する傾向がある。しかも、そのような意欲のある農家に農協が取引制限をするなどの村社会的な実情も残っている。地域の自給圏という発想が地域を超えて新しいことを行いたい農家の阻害要因として働く可能性も考えられる。
このため、私は地域ブロック化よりも、個々の農家が直接取引することに魅力を感じる。地域単位の分権よりも、農家単位の分権である。その方が中央集権のアンチテーゼになる。しかし、農家が単体で直接取引に取り組むことは大変との声も聞く。特に出荷作業が大変という。本来的な意味での農協的な仕組みは農家にとって有用である。もっとも、協同組合という営利目的ではない組織形態は逆に組織の存続肥大化が目的化しがちである。それよりは地域商社的なものの方が担い手としては適している。
農家がエンドユーザーと直接取引することが難しいならば、別の選択肢として食品メーカーやスーパー、飲食店チェーンと一括契約を締結することもある。実際、著者の成功例はカルビー社長として契約栽培によって市場価格の30%オフを実現したことである。農家が需要者の要望に直接応えることで、需要者の求めるものを低コストで供給することに成功した。地域自給圏を絡ませる必要はない。逆に、そのような成功体験を持つ著者が地域ブロック的な提言をすることに不思議さがある。
契約栽培のマイナス面としては、農家が従属的な下請けになる、モノカルチャー化、大都市の植民地経済化する可能性が考えられる。特に後者のアンチテーゼとしては地域自給圏が魅力的に感じられるだろう。一方で契約栽培も必ずしも日本的な下請化しないオープンなプラットフォームが作れないものかと考える。
本書は具体的な提言として、耕作放棄地や有効活用されていない水田を畑や放牧地に転換すべきとする。水田に偏重する「瑞穂の国」幻想への批判であり、パラダイムシフトを目指すものである。米の需要が減り、米以外の食物の需要が増えているならば、それに応じた供給をすることは産業人として当たり前のことである。その当たり前の市場原理が機能しないところに補助金漬けの農政の病理がある。
一方で水田は保水力があり、連作しても土壌が痩せないという環境面のメリットがある。だから需要ということで水田を畑や牧草地に転換して良いかという思いはある。勿論、耕作放棄されて荒れるよりは良いだろう。私は消費者として「ご飯派」となり、米の需要にささやかながら貢献している。
宮沢賢治『注文の多い料理店』はブラックユーモアの童話である。二人の紳士は料理店の注文を自分達に都合よく解釈している。読者の方が先に薄々気付いてくる。「あそこまで行く前に気付けよ」と言いたくなる。

本作品は人間と自然の関係など深読みすることができる。東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)原告として読み返すと、悪徳商法に対する警告がある。悪徳業者は、後から後から条件や要求を出してくる。そのような話を最初に聞いていたら取引をすることはなかった。従って、その種の取引は白紙に戻すことが正解である。

ところが、悪徳業者は「既に契約を締結したから」「既に決済したから」と認めようとしない。消費者としても取引の手続きに入っていることが後戻りを難しくしている。しかし、そのまま取引を進めたら本作品の料理店が目指していたものと同じく悲惨な結末になる。業者が最初と異なる条件を言ってきたら白紙に戻すことが正解である。

このように考えると、本作品は非常に現代的な寓話である。戦前の作品であることが信じられない。宮沢賢治には『銀河鉄道の夜』という代表作もある。この作品も現代に作られてもおかしくないファンタジーである。
http://www.hayariki.net/young.html

河合達明『笑いと涙を届ける「結婚式の司会」という仕事 新郎新婦にとって最高の一日を創るプロフェッショナルたち』(幻冬舎、2016年)は結婚式の司会についての書籍である。著者は結婚式場・司会事務所企業・株式会社ブラス代表取締役社長である。本書は、そのブラスに所属する司会者6人が自らの経験や仕事へのスタンスを語っていく。

この種の形式は悪く言えば寄せ集めで一冊の書籍を構成する安直な手法になる。そのために多数の人が登場し、一人当たりの内容が薄くなるものもある。これに対して本書では各人に20頁以上を割り当てており、各人の話を十分に聞くことができる。

この種の書籍では統一性と多様性という、相反する課題の調和という問題がある。本書は上手く調和がとれている。司会者のスタンスには共通性が見られる。司会者の自己満足ではなく、新郎新婦や参列者の満足する式を目指している。進行表通りに時間を経過させることが必ずしも目指すことではない。官僚主義の対極にある。

本書の司会者は全て同一企業に所属するため、スタンスが似通うことは当たり前とも言える。それでも各自が自分の経験に基づいて語っており、個性を感じる。これも無個性な官僚主義とは異なる。企業マインドを刷り込まれたブラック企業従業員の気持ち悪さとは無縁である。

本書の司会者は皆、「良い結婚式をしよう」という真摯な思いが感じられる。結婚式は基本的に一生に一度あるかないかのイベントである。市場原理で見れば結婚式はリピーターの可能性は低く、「売ったら売りっぱなし」となりやすい業界である。現実に結婚式では消費者トラブルが多い。これに対して本書の司会者達からは少なくとも「売ったら売りっぱなし」とは無縁と感じられる。

同じように消費者にとって一生に一度あるかないかの取引となる分譲マンションも「売ったら売りっぱなし」となりやすい。契約締結までは熱心であるが、後はエネルギーをかけない傾向がある。不動産営業は本書の司会者達の爪の垢を煎じて飲んで欲しいと心から思う。

本書の司会者達が「売ったら売りっぱなし」と対極に見える理由は、司会者達の人間性に負うところが大きいだろうが、市場原理的に分析すると新郎新婦だけでなく、参列者にも良い結婚式にすることを目指している。たとえば参列者の幼児に司会を手伝ってもらう、参列者にどんどんマイクを向けるなどである。

新郎新婦がリピーターにならなくても、参列者が良い結婚式の経験を広め、次の顧客になりうる。多くの参列者に見られているという点が分譲マンションと異なるところである。直接の契約者である新郎新婦の満足を目指すことは商業道徳として当たり前のことである。当たり前のことさえできない業者が多いことが問題であるが、新郎新婦の満足だけでは新郎新婦の自己満足の式になる。第三者である参列者の満足も目指すことが素晴らしい。ステークホルダー重視の経営である。
http://hayariki.sa-kon.net/

希望のまち東京in東部第21回読書会「緑の資本論」
中沢新一『緑の資本論』を取り上げます。「イスラームとキリスト教。同じ一神教的世界にありながら、その経済思想には重大な差異がある。イスラーム的貨幣論は「一」を意味する「タウヒード」の構造によって組み立てられ、徹底した唯一神信仰によって利子を厳禁する。一方、キリスト教的貨幣論は「三位一体説」にもとづく増殖性を秘め、資本主義と極めて親和的である。この両者の圧倒的な非対称が世界の現状を理解する鍵であり、イスラームは資本主義にとってその存在自体が一つの経済学批判であることを、『資本論』の核心である価値形態論を再構築することによって明らかにする」
日時:2016年11月18日(金)午後6時半~8時半
※今回は例外的に金曜日夜に開催します。
場所:希望のまち東京in東部事務所
参加費:300円
ご都合のよい方はご参加下さい。ご参加よろしくお願いします。希望のまち東京in東部では継続的に勉強会を開催していきます。皆様、是非足をお運びください。
http://www.hayariki.net/tobu/
小熊英二、姜尚中『在日一世の記憶』(集英社新書)は在日韓国・朝鮮人(コリアン)一世の半生のインタビューを集めた書籍である。52人の在日韓国・朝鮮人一世に直接聞き取りし、 生まれてから在日として生き、現在に至るまで記録している。
その人生は日本の植民地支配や戦争に翻弄された人生である。但し、日本の植民地支配に蹂躙された可哀想な人々と左翼的な歴史認識からステレオタイプで括ってしまうには、あまりにも多様な人生がある。本書が変なまとめをつけず、生のインタビューを並べる形になったことに納得する。
語られる人生は月並みな表現になるが、波瀾万丈である。よく生きてこられたと言いたくなるようなたくましささえ感じる。勿論、インタビューは生き残った人からしか行えない。一人のインタビュイーの背後には無数の野垂れ死んだ人々がいることを忘れてはならない。そして日本の植民地支配や戦争がなければ翻弄されなかったことも事実である。日本の負の歴史として直視しなければならない。
時代に翻弄されたことは日本人も同じである。そのために殊更、在日韓国・朝鮮人を特別視する風潮に異議を唱える日本人もいるだろう。それでも日本人は自分の国の不始末という結果責任を負う立場である。在日韓国・朝鮮人は異なる。
ここまで「在日韓国・朝鮮人」と一まとめに書いてきた。コリアンには韓国と北朝鮮という問題もある。本書は総連寄りの印象を受ける。本書が在日韓国・朝鮮人の縮図となっているか証言者の選定に偏りがあるかは判断できない。しかし、本書には残っていたら殺されると北朝鮮から逃げてきた宗教者の話も収録されていることは述べておく(84頁)。
本書は新興宗教の信者になった人の話がある(106頁)。現在、新興宗教の中での老舗と言える宗教団体は戦後に急成長した。その信者に在日コリアンが含まれ手も不思議ではないが、日本では新興宗教団体が政党に影響力を行使しているという問題がある。私が出演する日本海賊TVでは立正佼成会の民進党への影響力を取り上げている。在日韓国・朝鮮人が日本政治に影響力を及ぼしているとの主張は陰謀論に分類されがちであるが、新興宗教団体を通じた影響力を行使は考えられる。
http://www.hayariki.net/
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
枕石堂
HP:
性別:
男性
職業:
オンライン書店
趣味:
読書
自己紹介:
枕石堂は書籍の売れ行きに対するインターネットの影響力の強さに注目しています。ブロガーやネチズンと協同して良書を広めて行きたいと考えております。
バーコード
ブログ内検索
P R
Designed by.Rinmaru
忍者ブログ [PR]