忍者ブログ
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』。東急リバブル東急不動産は、消費者と折り合っていく常識的な道筋をとりませんでした。それ故に東急不動産だまし売り裁判が起きました。東急不動産だまし売りの時代は終わりました。The time for TOKYU Land Corporation Fraud is over. 東急不動産だまし売りを正当化することは、恥ずかしい行為です。
 31  30  29  28  27  26  25  24  23  22  21  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社)は、私達にも投げかけるところの多い問題である。『東急不動産だまし売り裁判』は消費者契約法や宅地建物取引業法、耐震強度偽装事件、マンション管理、欠陥施工等の広範な消費者生活に関わる問題を扱う。

東急不動産消費者契約法違反訴訟の緊迫した描写や、マンションだまし売り被害者の悲しみが細かに伝えられた。「東急リバブル東急不動産は何と無慈悲で強欲な」と額に青筋がピキピキと浮かび、拳を握り締めたほどである。「涙なしでは読めなかった」という声もいくつも聞かれる。ここから、どれだけ先を読み取ることができるか。『東急不動産だまし売り裁判』は心から傾聴し向き合うべき呼びかけである。

東急不動産だまし売り被害の痛手から立ち上がり、東急リバブル東急不動産の問題を訴える林田力の物語は、どの時代に、どのような仕事に就いた人間にも共感できるものである。林田力はマンション建設反対運動への関わりを通じて新しい生き方を模索する。傷心を癒す一人旅への沈潜を経て、二子玉川ライズ反対運動に合流していく。

これまでに、その期間を言うのが恥ずかしいほどの長い間、東急リバブル・東急不動産・東急電鉄ら東急グループのトラブルを観察し続けてきた。この間には色々なトラブルがあった。最近「これは本当にだめなのではないか」と思うようになってきた。

東急不動産だまし売りは人の尊厳を傷つける悪意に満ちている。東急不動産だまし売りのもたらしたものは残虐な破壊、人権蹂躙と自由の剥奪、暴力と貧困と絶望であった。それは犯罪以外のなにものでもなかった。

東急リバブル東急不動産は売ったら売りっぱなしの世界である。東急リバブル東急不動産は自社に都合の悪い事実を隠し続けてきた。何もかも隠している。情報隠ぺいが東急不動産だまし売り被害の解明を遅らせた。『東急不動産だまし売り裁判』において東急不動産の連中は滑稽な悪役である。立場の弱い賃借人に対してだけ意地悪く冷酷になる東急不動産とは一体何なのだろうか。

私達は東急不動産だまし売りの理不尽を、二子玉川ライズの風害など住環境破壊に怯える理不尽を、泣き寝入りを強いられる理不尽を、きっぱりと断る。東急大井町線高架下住民は家賃滞納もないのに東急電鉄から追い出し行為を受けている。東急電鉄は社会問題になっているゼロゼロ物件業者のような賃貸人である。東急リバブル・東急不動産・東急電鉄の問題は私達の目前で進行中である。

マンションだまし売りの撲滅のためには、まだまだ多くの課題がある。東急不動産だまし売り裁判の実態をしっかりと明らかにし、謝罪と責任を追及することがマンションだまし売りをストップさせることにつながる。東急不動産にマンションだまし売りという大罪を犯したことへの責任をとらせよう。

東急不動産だまし売りを放置することは日本を情けない国にすることである。悪徳不動産業者の詐欺的商法にも大人しく従う奴隷のような日本人体質には、やり場のない絶望感がある。しゃあしゃあとウソをつかれて怒り狂わない神経が理解できない。とんでもない話である。気分は悲しくて情けないが、うつ状態になってしまう。

東急不動産だまし売りに反対する動きは止まない。東急リバブル東急不動産への消費者の怒りは強まっている。広範な人々が東急リバブル東急不動産の問題点を指摘し批判している。多くの人々が東急不動産だまし売りを自らの問題と受け止めている。しかし、東急リバブル東急不動産の巻き返しも予測されるため、油断はできない。

消費者の不安を解消する一番の方法は、東急リバブル東急不動産の物件を不買することである。悪徳不動産業者は、だましの最初の入口では想像できないほどに良い人オーラを出すこともあるので注意を要する。東急不動産のマンションが、いかに粗末な住居であるかは『東急不動産だまし売り裁判』の事例一つからも明白である。東急リバブル東急不動産は、もはや会社が存続できるかどうかの段階である。早急に東急不動産だまし売り裁判アルス東陽町301号室事件を反省し、二子玉川ライズの解体を決断すべきである。

東急リバブル東急不動産不買運動を盛り上げて東急不動産だまし売りを潰そう。今が正念場である。ここで東急不買運動の声を上げなくていつあげるのか。今の数倍の東急不買運動の広がりをつくることが急務である。闘いには勝負所がある。ここでの攻防を闘い抜く。全国の心ある人々に訴える。是非、東急リバブル東急不動産不買運動に結集して下さい。応援支援に駆けつけて下さい。各地方で東急不買運動に携わっている方々に心から感謝する。

日本社会を変える存在は私達一人一人である。小さな声をたくさん寄せあうことで、東急不動産だまし売りの状況を変えていくことができる。東急不動産だまし売り被害者に寄り添い、その目で見、そして忘れず、ともに辛さを分かち合っていく。消費者感覚で、一人一人の東急不動産だまし売り被害者の不安・怒り・悲しみ・憤りなどをリアルに集約して活動する。

日本の市民運動が目指すべき方向は東急不動産だまし売りの撲滅である。東急不動産だまし売りに抗議する、全ての消費者・市民の団結を作り出そう。東急不動産だまし売り裁判の現実に目を向けながら、改めて住まいの貧困を問題提起し、マンションだまし売りのあらゆる動きを止めるために、共に行動していく。これからも皆様と力を合わせ、東急不動産だまし売りの撲滅を目指して歩み続ける。それぞれの希望の花を手に東急不動産だまし売り撲滅の決意の声を響かせよう。
http://hayariki.net/1/44.htm
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
枕石堂
HP:
性別:
男性
職業:
オンライン書店
趣味:
読書
自己紹介:
枕石堂は書籍の売れ行きに対するインターネットの影響力の強さに注目しています。ブロガーやネチズンと協同して良書を広めて行きたいと考えております。
バーコード
ブログ内検索
P R
Designed by.Rinmaru
忍者ブログ [PR]