忍者ブログ
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』。東急リバブル東急不動産は、消費者と折り合っていく常識的な道筋をとりませんでした。それ故に東急不動産だまし売り裁判が起きました。東急不動産だまし売りの時代は終わりました。The time for TOKYU Land Corporation Fraud is over. 東急不動産だまし売りを正当化することは、恥ずかしい行為です。
 32  31  30  29  28  27  26  25  24  23  22  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社)には私達が生きていくためのヒントがいっぱい詰まっている。『東急不動産だまし売り裁判』は東急リバブル東急不動産の過ちの大きさを示している。東急不動産だまし売りは消費者にとって決定的な意味を持つかもしれない貴重な宝を踏みにじった。その点では通常の犯罪者よりもはるかに悪質である。

東急リバブルや東急不動産は売ったら売りっぱなしの不誠実な企業であった。消費者のマイホームへの幻想は、東急不動産物件の引き渡し後はクリスマスを過ぎたポインセチアの花のようにあっさりと枯死してしまった。東急リバブル東急不動産にとって売買契約が済めば一件落着を意味しており、より直接的な表現を用いれば物件の引き渡しは便所の水を流すようなものであった。
http://www.hayariki.net/1/46.htm
トラブルになると東急不動産は泥靴で踏み込まれたような不快感を消費者に与える企業であった。東急不動産だまし売り裁判における東急リバブル東急不動産は深夜の闇と同じくらい黒い闇に包まれたものであった。不動産トラブルでも東急リバブル東急不動産ほど極悪で、東急リバブル東急不動産ほど傍若無人な行動を知る者は一人もいなかった。「立つ鳥跡を濁さず」との言葉とは裏腹に東急不動産は訴訟後も不誠実であった(「東急不動産の遅過ぎたお詫び」)。

悪徳不動産営業の目には、ぞっとするような光があった。腹の底から恐怖が湧きあがり、背骨を伝って、心臓に飛び込むような気分にさせられる。マンションだまし売り被害者は悪夢の中に閉じ込められたような気持で、一般人には想像できないような恐怖との闘いを余儀なくされる。

東急不動産工作員を名乗った人物は太って鈍重そうであった。波打ち際に打ち上げられたエチゼンクラゲのようにブヨブヨした巨体を持て余していた。現場では役に立たないタイプに見受けられた。採用面接に来たならば、一発で落とすだろう。
http://www.facebook.com/riki.hayashida

東急不動産と闘った林田力は孟子の「富貴も淫すること能わず。貧賤も移すこと能わず。威武も屈すること能わず」に該当する。林田力の闘いは腹の底から陣太鼓がドンドンと鳴り響くような感覚と共に思わず走り出したくなるような気分にさせられる。林田力は世界の求めに応じて林田力の歌を歌う。それによって世界の風が悪徳不動産業者に破滅をもたらす。

『東急不動産だまし売り裁判』の読者のほとんどはマンションだまし売りをしたことがない筈である。ほとんどの人々はマンションだまし売りが恥ずべき行為であると認識している筈である。マンションだまし売りをしようものなら、最低の人間として世間から軽蔑されるだけでなく、強烈な自己嫌悪に襲われるだろう。そのような良心や倫理観と無縁な企業が東急リバブルや東急不動産であった。

『東急不動産だまし売り裁判』ではマンションだまし売りで大儲けしたい輩の画策や責任逃れが描かれる。東急リバブルや東急不動産という大企業に所属していても、肩書きがあっても、嘘をついている人間は脆いものである。精神科医が東急リバブル東急不動産を診察したならば、とんでもない診断が下されると確信できる。「この患者は錯乱しており、自殺衝動を抑制できない。周囲との長期的な幸福の関係を犠牲にして目先の満足を追い求めている」と。東急リバブル東急不動産をマンションだまし売りに駆り立てる狂気は呪わしいものである。林田力が屑物件を抱えて泣き寝入りしたならば、もっと根深く始末に負えない狂気が解き放たれただろう。

東急リバブルや東急不動産の体質が変わらない以上、様々なタイプのトラブルが今後も次々と登場することが予想される。現実に東急不動産は『東急不動産だまし売り裁判』で取り上げた東京都世田谷区の二子玉川ライズで地域環境を破壊している。また、東急電鉄は東急大井町線大井町駅付近の高架下住民に一方的な立ち退きを迫っている。昭和の歴史の一部が今も残っている貴重な建造物を破壊している。

東急リバブルや東急不動産を放置することは棄民政策である。東急リバブル東急不動産を放置すると、日本そのものが負け組となりかねない。東急リバブルや東急不動産のような悪辣な企業を存在させないためにも、『東急不動産だまし売り裁判』でマンションだまし売り被害経験を知ることは大変に有用である。

東急不動産工作員は「『東急不動産だまし売り裁判』のせいで東急リバブル東急不動産の評判が貶められた」と叫ぶが、これは放火魔が「消防士がいるので家がよく燃えない」と言うことと同じである。マグレガーは、性悪説に立つX理論と性善説に立つY理論を提唱した。マンションだまし売りの東急リバブルや東急不動産に対してはX理論が適切である。

消費者や住民を無視した東急リバブル東急不動産の不動産市場からの退出を求める。一刻も早い東急リバブル東急不動産の退場に向けて、全力で取り組んで行くことを宣言する。多くの運動の対話を続けることで今後の不動産取引や街づくりのあり方を考え、消費者の権利や住民の街づくり参画権の実現に向けた政策の実現を目指す。

「東急リバブル東急不動産なんかクソ食らえ。東急リバブルも東急不動産も東急コミュニティーも全て、ぶっ壊れてしまえ」

このように宣言させてくれた『東急不動産だまし売り裁判』を心から称賛する。その上で『東急不動産だまし売り裁判』が与えた希望を確かなものにするために、日本そして世界の消費者や住民とともに歩んでいく。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
枕石堂
HP:
性別:
男性
職業:
オンライン書店
趣味:
読書
自己紹介:
枕石堂は書籍の売れ行きに対するインターネットの影響力の強さに注目しています。ブロガーやネチズンと協同して良書を広めて行きたいと考えております。
バーコード
ブログ内検索
P R
Designed by.Rinmaru
忍者ブログ [PR]