忍者ブログ
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』。東急リバブル東急不動産は、消費者と折り合っていく常識的な道筋をとりませんでした。それ故に東急不動産だまし売り裁判が起きました。東急不動産だまし売りの時代は終わりました。The time for TOKYU Land Corporation Fraud is over. 東急不動産だまし売りを正当化することは、恥ずかしい行為です。
 24  23  22  21  20  19  18  17  16  15  14  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東急不動産だまし売り裁判や二子玉川ライズ反対運動など東急リバブル・東急不動産・東急電鉄の物件でトラブルが相次いでいる。東急不動産だまし売り裁判における東急不動産敗訴判決は記録に新しい。不利益事実不告知や欠陥施工、住環境破壊など東急物件を巡るトラブルが後を絶たない。身に覚えのある消費者や住民は少なくない。知られざるトラブルも水面下で頻発している。

社会倫理を麻痺させ、住民生活に多大な支障を与える東急リバブル東急不動産トラブル。ハイエナ資本主義の露骨な進展が東急リバブル東急不動産だまし売りを誘引する。東急不動産や東急電鉄の開発で住環境を破壊される危険性は高まる一方である。社会の無関心はもう許されない。

東急リバブル東急不動産には変化に対して後ろ向きの日本の組織の特徴が凝縮している。「井の中の蛙、大海を知らず」という諺の通り、ハイエナ資本主義に専念する東急リバブル東急不動産では中々業界外の世界を知る機会を得られない。しかし、一歩外に出ると、世界が開けると同時に、自分の仕事が客観的に見えてくる。それによって東急不動産だまし売りの異常さが浮かび上がる。

東急リバブル東急不動産マンションだまし売りは将来に禍根を残す問題である。東急リバブル東急不動産の始末が悪いところは、将来にツケを回すことである。不動産トラブルは問題が起きた直後は騒ぎになるが、事態が収束すると、原因究明がウヤムヤになってしまう傾向がある。同じ過ちが繰り返されないためにも徹底検証する必要がある。
http://hayariki.net/1/18.htm
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
枕石堂
HP:
性別:
男性
職業:
オンライン書店
趣味:
読書
自己紹介:
枕石堂は書籍の売れ行きに対するインターネットの影響力の強さに注目しています。ブロガーやネチズンと協同して良書を広めて行きたいと考えております。
バーコード
ブログ内検索
P R
Designed by.Rinmaru
忍者ブログ [PR]