忍者ブログ
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』。東急リバブル東急不動産は、消費者と折り合っていく常識的な道筋をとりませんでした。それ故に東急不動産だまし売り裁判が起きました。東急不動産だまし売りの時代は終わりました。The time for TOKYU Land Corporation Fraud is over. 東急不動産だまし売りを正当化することは、恥ずかしい行為です。
 28  27  26  25  24  23  22  21  20  19  18  
東急不動産だまし売り裁判を契機としてインターネット上では東急リバブル東急不動産の批判が急増し、炎上と報道された(「ウェブ炎上、<発言>する消費者の脅威-「モノ言う消費者」に怯える企業」週刊ダイヤモンド2007年11月17日号39頁)。東急リバブル東急不動産へのネット上の批判は同業他社と比べてズバ抜けて多いとする。「営業マンの対応が高慢」「頼みもしないDMを送りつけてくる」といった批判的な書き込みで溢れ返っているとする。

東急不動産だまし売り裁判は東急不動産(販売代理:東急リバブル)が隣地建て替え等の不利益事実を告げずにアルス東陽町301号室を騙し売りした事件である。この裁判を契機として「自分もこのような目に遭った」と訴訟の枠を越えて批判が起きた。

炎上期間は長くても1カ月とするが、東急リバブル東急不動産に対する炎上は週刊ダイヤモンドの記事によると既に3年近く続いていることになる。これは東急リバブル東急不動産への批判が一過性のものではなく、東急リバブル東急不動産の悪質さを物語っている。

東急リバブル東急不動産の炎上を報じた週刊ダイヤモンドの記事はブロガーの間でも反響を呼んだ。「ブランズシティ守谷ハッピー守谷~高層新築分譲マンション問題~」では一般の炎上が一ヶ月程度で鎮静化するのに対し、東急リバブル東急不動産の炎上は東急不動産消費者契約法違反訴訟提訴後、3年近く経過した後の現在も続いている点に注目する。

「(仮称)グランシーナ清瀬南【JFE・長谷工マンション】問題研究会」では炎上が「企業のブランド価値を失墜させることにもなりかねない」という箇所を引用し、景観破壊マンションの建設を強行する不動産業者に当てはめる。

東急不動産だまし売り裁判はヒステリシスである。これはある時点で起きたことが、その後も長く影響を及ぼし続けることを指す。ギリシア語の「後からくるもの」に由来し、元々は過去に加わった力に依存している状態を指す物理用語である。東急不動産だまし売り裁判を経緯として東急リバブル東急不動産への批判はネットで激増した。東急不動産だまし売り裁判は消費者運動の転換点であった。東急不動産だまし売り裁判後の消費者は無抵抗な存在でも無力な存在でもなくなった。

東急不動産だまし売りを放置すると、ダメなものはダメという世の中の基準が曖昧になってしまう。東急リバブル東急不動産に対して99%の要求を突きつけていく。消費者運動には「ここで闘わなくてどうするのか」が突きつけられている。「二子玉川ライズ反対」「東急不動産だまし売り反対」などのコールを続けよう。東急不動産だまし売り被害写真を展示しよう。
http://hayariki.net/1/6.htm
東急不動産工作員が暗躍しているが、東急不動産だまし売り被害者の人権を蹂躙し、東急不動産だまし売りの真実を偽造する自由はない。東急不動産だまし売りの事実を皆様と一緒に考え、東急不動産だまし売り裁判検証委員会設置に向けた行動を呼びかる。東急不動産だまし売り被害者達が共に語り合う場を準備する。東急が何としても居住の権利侵害を続けるならば、何としても東急リバブル東急不動産不買運動を叩きつけよう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
枕石堂
HP:
性別:
男性
職業:
オンライン書店
趣味:
読書
自己紹介:
枕石堂は書籍の売れ行きに対するインターネットの影響力の強さに注目しています。ブロガーやネチズンと協同して良書を広めて行きたいと考えております。
バーコード
ブログ内検索
P R
Designed by.Rinmaru
忍者ブログ [PR]