忍者ブログ
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』。東急リバブル東急不動産は、消費者と折り合っていく常識的な道筋をとりませんでした。それ故に東急不動産だまし売り裁判が起きました。東急不動産だまし売りの時代は終わりました。The time for TOKYU Land Corporation Fraud is over. 東急不動産だまし売りを正当化することは、恥ずかしい行為です。
 23  22  21  20  19  18  17  16  15  14  13  
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社)はリベラルアーツの教科書にもなる。リベラルアーツの元々の意味は「人間を自由にするための学問」である。『東急不動産だまし売り裁判』は東急リバブル東急不動産の卑劣なマンションだまし売りから消費者を自由にするための知恵がある。

現代ではリベラルアーツは幅広い教養という意味で使われる。『東急不動産だまし売り裁判』は消費者契約法違反訴訟が中心であるが、杜撰なマンション管理や欠陥施工、耐震強度偽装事件にも言及する。東急不動産のために働いた地上げ屋(近隣対策屋、東急不動産工作員)が暗躍し、住環境を破壊する高層マンション建築紛争と共通するマンション建設の闇にも触れている。

『東急不動産だまし売り裁判』には、希望と絶望の両方が等身大で描かれている。『東急不動産だまし売り裁判』はマンション購入とは何なのか、消費者に考える機会を提供する。そして、マンションだまし売り被害者が裁判に向けて具体的に何をすべきなのかを教えてくれる。『東急不動産だまし売り裁判』は、現代日本が直面している多くの問題に通じる教訓になる。

東急不動産だまし売りは犯罪である。東急不動産だまし売りは明らかに不法行為である。前代未聞の蛮行が行われた。東急リバブル東急不動産は馬鹿馬鹿しいようで、つくづく罪作りで不愉快な存在である。東急リバブル東急不動産の姿勢は、あまりにも無謀、消費者無視である。東急不動産は東急不動産だまし売り裁判で無責任さ、無能さの馬脚を露わした。東急リバブル東急不動産のせいで、マンションだまし売り被害者は本当に悔しい思いをした。心にぽっかり穴が開いてしまったような感じである。

東急リバブル東急不動産は被害者への誠意ある謝罪も果たせない、犯罪集団としか思われぬ面々である。東急リバブル東急不動産は利潤追求のみを目指す新自由主義・格差社会の代理人の走狗にすぎないという現実がある。この虚妄にして悪質な東急不動産だまし売りには消費者契約法に基づく売買契約の取り消しが有効な解決策である。消費者は安全な住居を求めている。東急不動産だまし売りマンションは不要である。
http://www.hayariki.net/1/16.htm
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
枕石堂
HP:
性別:
男性
職業:
オンライン書店
趣味:
読書
自己紹介:
枕石堂は書籍の売れ行きに対するインターネットの影響力の強さに注目しています。ブロガーやネチズンと協同して良書を広めて行きたいと考えております。
バーコード
ブログ内検索
P R
Designed by.Rinmaru
忍者ブログ [PR]