忍者ブログ
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』。東急リバブル東急不動産は、消費者と折り合っていく常識的な道筋をとりませんでした。それ故に東急不動産だまし売り裁判が起きました。東急不動産だまし売りの時代は終わりました。The time for TOKYU Land Corporation Fraud is over. 東急不動産だまし売りを正当化することは、恥ずかしい行為です。
 1  2  3  4  5  6  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

河合達明『笑いと涙を届ける「結婚式の司会」という仕事 新郎新婦にとって最高の一日を創るプロフェッショナルたち』(幻冬舎、2016年)は結婚式の司会についての書籍である。著者は結婚式場・司会事務所企業・株式会社ブラス代表取締役社長である。本書は、そのブラスに所属する司会者6人が自らの経験や仕事へのスタンスを語っていく。

この種の形式は悪く言えば寄せ集めで一冊の書籍を構成する安直な手法になる。そのために多数の人が登場し、一人当たりの内容が薄くなるものもある。これに対して本書では各人に20頁以上を割り当てており、各人の話を十分に聞くことができる。

この種の書籍では統一性と多様性という、相反する課題の調和という問題がある。本書は上手く調和がとれている。司会者のスタンスには共通性が見られる。司会者の自己満足ではなく、新郎新婦や参列者の満足する式を目指している。進行表通りに時間を経過させることが必ずしも目指すことではない。官僚主義の対極にある。

本書の司会者は全て同一企業に所属するため、スタンスが似通うことは当たり前とも言える。それでも各自が自分の経験に基づいて語っており、個性を感じる。これも無個性な官僚主義とは異なる。企業マインドを刷り込まれたブラック企業従業員の気持ち悪さとは無縁である。

本書の司会者は皆、「良い結婚式をしよう」という真摯な思いが感じられる。結婚式は基本的に一生に一度あるかないかのイベントである。市場原理で見れば結婚式はリピーターの可能性は低く、「売ったら売りっぱなし」となりやすい業界である。現実に結婚式では消費者トラブルが多い。これに対して本書の司会者達からは少なくとも「売ったら売りっぱなし」とは無縁と感じられる。

同じように消費者にとって一生に一度あるかないかの取引となる分譲マンションも「売ったら売りっぱなし」となりやすい。契約締結までは熱心であるが、後はエネルギーをかけない傾向がある。不動産営業は本書の司会者達の爪の垢を煎じて飲んで欲しいと心から思う。

本書の司会者達が「売ったら売りっぱなし」と対極に見える理由は、司会者達の人間性に負うところが大きいだろうが、市場原理的に分析すると新郎新婦だけでなく、参列者にも良い結婚式にすることを目指している。たとえば参列者の幼児に司会を手伝ってもらう、参列者にどんどんマイクを向けるなどである。

新郎新婦がリピーターにならなくても、参列者が良い結婚式の経験を広め、次の顧客になりうる。多くの参列者に見られているという点が分譲マンションと異なるところである。直接の契約者である新郎新婦の満足を目指すことは商業道徳として当たり前のことである。当たり前のことさえできない業者が多いことが問題であるが、新郎新婦の満足だけでは新郎新婦の自己満足の式になる。第三者である参列者の満足も目指すことが素晴らしい。ステークホルダー重視の経営である。
http://hayariki.sa-kon.net/

PR
希望のまち東京in東部第21回読書会「緑の資本論」
中沢新一『緑の資本論』を取り上げます。「イスラームとキリスト教。同じ一神教的世界にありながら、その経済思想には重大な差異がある。イスラーム的貨幣論は「一」を意味する「タウヒード」の構造によって組み立てられ、徹底した唯一神信仰によって利子を厳禁する。一方、キリスト教的貨幣論は「三位一体説」にもとづく増殖性を秘め、資本主義と極めて親和的である。この両者の圧倒的な非対称が世界の現状を理解する鍵であり、イスラームは資本主義にとってその存在自体が一つの経済学批判であることを、『資本論』の核心である価値形態論を再構築することによって明らかにする」
日時:2016年11月18日(金)午後6時半~8時半
※今回は例外的に金曜日夜に開催します。
場所:希望のまち東京in東部事務所
参加費:300円
ご都合のよい方はご参加下さい。ご参加よろしくお願いします。希望のまち東京in東部では継続的に勉強会を開催していきます。皆様、是非足をお運びください。
http://www.hayariki.net/tobu/
小熊英二、姜尚中『在日一世の記憶』(集英社新書)は在日韓国・朝鮮人(コリアン)一世の半生のインタビューを集めた書籍である。52人の在日韓国・朝鮮人一世に直接聞き取りし、 生まれてから在日として生き、現在に至るまで記録している。
その人生は日本の植民地支配や戦争に翻弄された人生である。但し、日本の植民地支配に蹂躙された可哀想な人々と左翼的な歴史認識からステレオタイプで括ってしまうには、あまりにも多様な人生がある。本書が変なまとめをつけず、生のインタビューを並べる形になったことに納得する。
語られる人生は月並みな表現になるが、波瀾万丈である。よく生きてこられたと言いたくなるようなたくましささえ感じる。勿論、インタビューは生き残った人からしか行えない。一人のインタビュイーの背後には無数の野垂れ死んだ人々がいることを忘れてはならない。そして日本の植民地支配や戦争がなければ翻弄されなかったことも事実である。日本の負の歴史として直視しなければならない。
時代に翻弄されたことは日本人も同じである。そのために殊更、在日韓国・朝鮮人を特別視する風潮に異議を唱える日本人もいるだろう。それでも日本人は自分の国の不始末という結果責任を負う立場である。在日韓国・朝鮮人は異なる。
ここまで「在日韓国・朝鮮人」と一まとめに書いてきた。コリアンには韓国と北朝鮮という問題もある。本書は総連寄りの印象を受ける。本書が在日韓国・朝鮮人の縮図となっているか証言者の選定に偏りがあるかは判断できない。しかし、本書には残っていたら殺されると北朝鮮から逃げてきた宗教者の話も収録されていることは述べておく(84頁)。
本書は新興宗教の信者になった人の話がある(106頁)。現在、新興宗教の中での老舗と言える宗教団体は戦後に急成長した。その信者に在日コリアンが含まれ手も不思議ではないが、日本では新興宗教団体が政党に影響力を行使しているという問題がある。私が出演する日本海賊TVでは立正佼成会の民進党への影響力を取り上げている。在日韓国・朝鮮人が日本政治に影響力を及ぼしているとの主張は陰謀論に分類されがちであるが、新興宗教団体を通じた影響力を行使は考えられる。
http://www.hayariki.net/
林田力『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』は東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)の第5回弁論準備手続きから判決言い渡しまでを描いたノンフィクションである。東京地裁平成18年8月30日判決は東急不動産の消費者契約法違反(不利益事実不告知)を認定し、マンション売買代金の全額返還を命じた。東急不動産だまし売り裁判はマンションだまし売りを正当化する東急リバブル東急不動産の取り澄ました「常識」を正面から否定した。

東急リバブル東急不動産は隣地建て替えなどの不利益事実を隠して新築分譲マンションをだまし売りした(林田力『東急不動産だまし売り裁判購入編』Amazon Kindle)。引き渡し後に真相を知った購入者(林田力)は抗議したが、東急リバブル・東急不動産は不誠実な対応に終始した(林田力『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』Amazon Kindle)。林田力は消費者契約法第4条第2項(不利益事実不告知)に基づき売買契約を取り消した(林田力『東急不動産だまし売り裁判3』Amazon Kindle)。東急不動産からの申し出による渋谷東急プラザの協議も東急不動産課長の開き直り「裁判所でもどこでも好きなところに行ってください」で決裂した(林田力『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』Amazon Kindle)。
東急不動産は隣地所有者と対立を深め、他のマンション住戸でもだまし売りが発覚した(林田力『東急不動産だまし売り裁判7』Amazon Kindle)。ついに林田力は東急不動産を東京地裁に提訴した(林田力『東急不動産だまし売り裁判8』Amazon Kindle)。東急不動産だまし売り裁判では東急不動産が提出した証拠・国土交通省宛報告書の改竄やマンション図面集の捏造が次々と発覚した(林田力『東急不動産だまし売り裁判9』Amazon Kindle)。証人尋問では東急不動産マンションが地上げによって建設されたという証言も飛び出した(林田力『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』Amazon Kindle)。

【書名】東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決/トウキュウフドウサンダマシウリサイバン ジュウイチ ショウソハンケツ/The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 11 Winning a Judgment
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『裏事件レポート』『ブラック企業・ブラック士業』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』


目次
偽りの和解協議
東急不動産の調子良さ
東急不動産の交渉打ち切り
東急不動産の卑劣な提案
東急不動産らの買い替え策略
東急不動産と住宅ローン破産
耐震強度偽装事件の影響
東急不動産代理人が債務整理専門の事務所に転職
怪文書
東急不動産の駄々っ子な理屈
予定調和の協議決裂
原告の動き
結審
東急不動産の姑息
井口寛二弁護士の「女の子」発言
東急不動産だまし売り裁判の振り返り
勝訴判決
原告の喜び
東急不動産の無責任
解説

Amazon.co.jp: 勝訴判決 (東急不動産だまし売り裁判) eBook: 林田力: Kindleストア
http://www.amazon.co.jp/dp/B00EIQTIUU
勝訴判決 (Kindle) 感想 林田力 - 読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/b/B00EIQTIUU
勝訴判決 (東急不動産だまし売り裁判) の書評 / 林田力 / 林田力 / |本が好き!
http://www.honzuki.jp/book/209041/
勝訴判決 (東急不動産だまし売り裁判) - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/B00EIQTIUU
Amazon.com: Winning a Judgment (The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 11 Winning a Judgment) (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Kindle Store
http://www.amazon.com/dp/B00EIQTIUU
Winning a Judgment (The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 11 Winning a Judgment) (Japanese Edition) [Kindle Edition]
http://www.amazon.co.uk/dp/B00EIQTIUU
Winning a Judgment (The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 11 Winning a Judgment) eBook: Hayashida Riki: Amazon.in: Kindle Store
http://www.amazon.in/dp/B00EIQTIUU
Winning a Judgment (The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 11 Winning a Judgment) eBook: Hayashida Riki: Amazon.de: Kindle-Shop
http://www.amazon.de/dp/B00EIQTIUU
Winning a Judgment eBook: Hayashida Riki: Amazon.fr: Boutique Kindle
http://www.amazon.fr/dp/B00EIQTIUU
Winning a Judgment (The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 11 Winning a Judgment) eBook: Hayashida Riki: Amazon.it: Kindle Store
http://www.amazon.it/dp/B00EIQTIUU
Winning a Judgment (The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 11 Winning a Judgment) [Version Kindle]
http://www.amazon.es/dp/B00EIQTIUU
Winning a Judgment (The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 11 Winning a Judgment) eBook: Hayashida Riki: Amazon.ca: Kindle Store
http://www.amazon.ca/dp/B00EIQTIUU
Winning a Judgment (The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 11 Winning a Judgment) eBook: Hayashida Riki: Amazon.com.br: Loja Kindle
http://www.amazon.com.br/dp/B00EIQTIUU

林田力『東急不動産だまし売り裁判』は東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実(隣地建て替えによる日照、通風・眺望の喪失など)を隠して問題物件をだまし売りされた原告・林田力が消費者契約法に基づき売買契約第4条第2項(不利益事実不告知)を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、平成17年(ワ)3018号)で売買代金を取り戻した闘いの記録である。
林田力『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』では提訴前の東急リバブルとのやり取りにフォーカスする。『東急不動産だまし売り裁判購入編』の最後で林田力は、だまし売りの真相を知った。だまし売りの事実を東急リバブルに確認するところから『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』は始まる。そこで林田力は東急リバブルの「売ったら売りっぱなし」の無責任体質に直面することになる。
『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』には東急リバブル・東急不動産への怒りの原点が存在する。これを読むことで裁判そのものを描いた『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』での怒りが身近なものとして理解できる。

【書名】東急不動産だまし売り裁判2リバブル編/トウキュウフドウサンダマシウリサイバンニリバブルヘン/The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud 2 Livable Stage
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki

まえがき
たらい回し
文書での回答要求
建替え未定との回答
再調査要求
東急リバブルの責任逃れ
行政指導による態度急変
東急リバブル来訪
倉庫の虚偽説明
隣地所有者への確認要求
東急リバブルの回答回避
原告の調査
東急リバブル逃走
東急不動産だまし売り裁判年表
作品解説
http://www.honzuki.jp/book/204027/
The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 2 Livable Stage (Japanese Edition): Hayashida Riki: Amazon.com: Kindle Store
http://www.amazon.com/dp/B00BKAZI88
東急不動産で買ってはいけない 被害者が語る「騙し売り」の手口
http://www.mynewsjapan.com/reports/1101
 
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社)は大手不動産業者による新築分譲マンションだまし売りと、それに対抗し、立ち上がった消費者の姿を伝えるドキュメントである。「住宅問題はたいてい、個人の問題として個別にあらわれる。」(早川和男『居住福祉』197頁)。それ故に東急不動産だまし売り被害者による『東急不動産だまし売り裁判』の出版には意義がある。

東急不動産(販売代理:東急リバブル)は隣地建て替えという不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした。隣地建て替えにより、日照・眺望がなくなり、通風も悪化した。だまし売りの真相を知った購入者である林田力は消費者契約法第4条第2項(不利益事実不告知)に基づいて売買契約を取り消し、売買代金を取り戻した。
http://hayariki.net/1/53.htm
住宅において日照や通風は重要な問題である。「日照・通風・採光の不良は室内を不衛生にし、呼吸系疾患や骨粗鬆症やくる病などの原因となるだけでなく、健康回復への意欲を失わせる。通風の悪さによる夏の暑さは食欲不振などから体力の衰弱をもたらしている。」(早川和男『居住福祉』66頁)。

阪神大震災で「隣の家が壊れて空き地になって、自分のアパートに日があたるようになった。今までは日があたらず、湿気も多かった。」という住民は「かぜひかなくなった。咳一つでない。」と語る(早川和男『居住福祉』38頁)。林田力も東急不動産だまし売りマンションから出ていったことで、以前よりも健康になった。

『東急不動産だまし売り裁判』を一言で述べると、「さよなら東急リバブル東急不動産」「グッバイ東急リバブル東急不動産」「アデュー東急リバブル東急不動産」となる。現代の若者には「さよなら」という言葉が大げさすぎるほど既に東急リバブルや東急不動産に対する信頼は失墜している。『東急不動産だまし売り裁判』の本質は何か。消費者運動はどこへ向かうべきか。東急リバブルや東急不動産が再起を果たすには、まず『東急不動産だまし売り裁判』を直視しなければならない。

『東急不動産だまし売り裁判』は分譲マンション購入のリスクを明らかにした。やはり今時の若者には持ち家に対する思い入れは乏しくなっている。東日本大震災は超高層マンションの脆弱性を明らかにした。部屋の内装を自由に改修できる賃貸マンションなど賃貸住宅の選択肢も広がっている。物件を購入しなければ不可能であった部屋の改装も物件購入という過大な出費なくして実現可能である。

ゼロゼロ物件や追い出し屋など賃貸住宅にも悪徳不動産業者の問題は存在するものの、良質な賃貸住宅が普及すれば持ち家の優位性は空虚な所有欲を満たすこと以外はなくなる。売る側にも買う側にも感動がなくなったにもかかわらず、不動産業者はマンション建設と叩き売り競争に突き進んでいる。

『東急不動産だまし売り裁判』で言及された東京都世田谷区の「二子玉川ライズ タワー&レジデンス」は一例である。住民から反対を受けても、東急電鉄や東急不動産は再開発にしがみつこうとしている。住民が目を輝かせるような街づくりとは対極に位置する。何が何でも再開発を続ける東急電鉄や東急不動産に怒りを覚える。二子玉川ライズは密室での拙速な議論のみではなく、市民に開かれた熟議を通して再検討されるべきである。現実を直視し、住まいのあり方を考えてみたい。

『東急不動産だまし売り裁判』は日本社会に突きつけられた課題である。改めて言うまでもないことであるが、不動産トラブルの動きには目まぐるしいものがある。現代は、あまりにも多くの情報が押し寄せている。中には東急グループのキャッチコピー「美しい時代へ」のように内実を伴わず、ノイズに近い情報もある。そのような情報に惑わされず、自分にとって必要な情報は何かを見極めることが大切になる。

この点で『東急不動産だまし売り裁判』はマンション購入検討者の転ばぬ先の杖となり、不動産トラブルの被害者の指針となる。『東急不動産だまし売り裁判』は裁判闘争の素晴らしい結実であり、社会への還元である。『東急不動産だまし売り裁判』にはマンションだまし売りの恐怖の様が描かれている。『東急不動産だまし売り裁判』で暴かれた東急不動産の姿はshallow(薄っぺら)でairhead(頭が空っぽ)であった。しかも自己保身に躍起になっており、呆れてしまう。

「わが国には、市民の生命や環境の破壊、住民の追い出しなど反社会的行動を恥じない企業が多すぎる」(早川和男『居住福祉』192頁)。東急リバブル・東急不動産・東急電鉄や宅建業法違反のゼロゼロ物件業者は典型である。東急不動産は、もはや終わっている。廃業すべき段階である。消費者への搾取によって成立している貧困ビジネスの東急不動産だまし売りやゼロゼロ物件の仕組みそのものを、あるべき姿に取り返さなければならない。
http://hayariki.x10.mx/mccmccmcc3.html

東急不動産だまし売り裁判を受け、日本の消費者運動を世界が注目している。マンションだまし売りの東急リバブル東急不動産や貧困ビジネスのゼロゼロ物件業者に抗議の意思を直接突きつけよう。自らの体とアイデアで抗議の意思を表現しよう。抗議の現場をつくろう。

東急不動産への批判が成功しなければ、世界の人々は「まだ日本はこりないのか」「だから日本は信用できない」と軽蔑するだろう。未来の人々は「何故、東急不動産だまし売り裁判で東急不動産を批判しなかったのか」と私達を責めるだろう。そして新たな東急不動産だまし売り被害が続くだろう。東急不動産だまし売りにメスを入れることは、閉塞感が充満する日本産業の再生にも大きなヒントを与えることになる。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
枕石堂
HP:
性別:
男性
職業:
オンライン書店
趣味:
読書
自己紹介:
枕石堂は書籍の売れ行きに対するインターネットの影響力の強さに注目しています。ブロガーやネチズンと協同して良書を広めて行きたいと考えております。
バーコード
ブログ内検索
P R
Designed by.Rinmaru
忍者ブログ [PR]